製品情報

BOOK型(表紙貼りと貼箱を組み合わせた箱)
ミフタのかぶせに比べると、様々な演出ができます。ファンシーペーパーのような特殊紙を使用すれば、雰囲気や高級感を出すことができます。
 
 
丸箱
構造(部材)
ミフタとも2つの部材から作ることができます。
内メンコや内帯を入れることもあります。
フラットタイプは様々な素材で生産ができるため、上質な仕上がりになります。
円を変形させ、楕円形や角丸の箱にもなります。
 
 
変形箱(スタイルボックス  通称:スタボ)
構造(部材)
ミフタとも3つの部材からできています。
スタイルボックスとは直線と曲線を組み合わせた箱です。モチーフになる形をそのまま箱にすることで、商品を印象付けディスプレイ効果も生まれます。
自社で量産機を開発し、国内で高品質な製品を短納期かつ低コストで安定的に調達することができます。